特集
靴のうた | 2018.06.07

靴のうた -第1回- 最初の小さな靴を履く日まで


 
靴にまつわる短歌と小さなエッセイをご紹介する、連載「靴のうた」。
第1回のうたを、どうぞ。
 

 

 
 今日のお客さんは五人。なのに、玄関にある靴は四足だけ。「靴が足りないよ! どこにいっちゃったの?」なんて騒がないでください。お客さんのうちのお一人は、まだ靴を履いていない赤ちゃんなんです。でも、まるまるとした小さな足が、人生で最初の小さな靴を履く日は、すぐにやって来ます。やがてその靴は、この子にどんな自由をもたらしてくれるのでしょうか。

選歌・エッセイ 千葉 聡

 
——————————–
 
「靴のうた」プロローグはこちら


その他の記事