特集
靴のうた | 2019.07.31

靴のうた -第17回- 裸足はお好きですか?


靴にまつわる短歌と小さなエッセイをご紹介する、「靴のうた」。
夏のあしもとの思い出。どうぞ、ご覧ください。
 
 


砂浜を裸足で歩くそれだけがしたいほんとは砂場でもいい

寺井奈緒美『アーのようなカー』

 

 幼いころ、私の両親は新聞販売店をやっていました。父は、二十人以上の配達員さんにてきぱきと指示を出し、母は、新聞配達から帰ってくるみんなのために食事をつくっていました。うちには、たくさんの優しいお兄さんたちがいて、父も母もみんなから慕われていて……。幼い私にとって、店は誇らしい場所でした。
 でも、両親は忙しすぎて、なかなか遊んでくれません。母は、いつも配達員さんや、集金のおばさんたちのお世話をしたり、店の電話に出たり。二つ上の兄は、すぐに友達の家に出かけてしまい、私と弟は家の奥でぼんやりしていました。
 ある夏の午後、母が大きな風船のようなものを買ってきてくれました。
「お母さん、すごい!」
 母が息を吹き込むと、それは小さなプールになりました。店の裏の散歩道の端っこで、私と弟は、水遊びをしました。曇った空に向けて、水を跳ね上げました。
 プールの時間が終わると、私と弟は、母を真ん中にして手をつなぎ、裸足で家まで歩きました。
 たった一度だけの、小さなプールの思い出は、裸足の感覚とともにあります。

 
選歌・エッセイ 千葉 聡

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

○プロローグ
○第1回
○第2回
○第3回
○第4回
○第5回
○第6回
○第7回
○第8回
○第9回
○第10回
○第11回
○第12回
○第13回
○第14回
○第15回
○第16回


その他の記事