特集
靴のうた | 2019.02.22

靴のうた -第11回- 夢のなかの靴


靴にまつわる短歌と小さなエッセイをご紹介する、「靴のうた」。
もう春がきています。どうぞご覧ください。
 
 

やがて春 打ちあげられた靴たちがステップを踏むゆめの海岸

北川草子『シチュー鍋の天使』

 

「春になったら海に行こうね」
 大学時代、演劇をやっていた仲間たちと話しました。大学は武蔵小金井にあり、普段は海を意識することはありません。でも、若者は海にあこがれるのです。
 冬の終わり、仲間の一人が運転免許を取りました。早速、新しい芝居で大道具にする物品を借りるため、彼の運転する車に四人が乗り込んで、海辺のビール工場へ行きました。古いコンテナーや、ビール瓶のケースを車に積みながら、春になったばかりの海を眺めるともなく眺めました。あんなに見たがっていた海なのに、誰も何も言いませんでした。
 荷物運びで、汗をかきました。スニーカーを脱ぎ、熱を冷ますように片方ずつ風の中でひらひら振りました。海からは、海のにおいが漂ってきました。
 その後、この歌と出会ったとき、どういうわけか、演劇をしていた大学時代を鮮やかに思い出したのです。海岸に打ち上げられた靴を見たこともなかったのに。
 いえ、夢のなかでは、見ていたのかもしれません。

 
選歌・エッセイ 千葉 聡

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

○プロローグ
○第1回
○第2回
○第3回
○第4回
○第5回
○第6回
○第7回
○第8回
○第9回
○第10回


その他の記事