特集
靴のうた | 2019.11.04

靴のうた -第20回- 靴はもう一つの自分


靴にまつわる短歌と小さなエッセイをご紹介する、「靴のうた」。
あの頃の自分に思いを馳せながら。どうぞ、ご覧ください。
 
 


校庭に脱ぎ捨てられたジャージ、靴、夢 一斉に朝になろうか

千葉聡『飛び跳ねる教室』

 

 ループ舎の服部多圭子さんから「単行本のために小説を書いてください」というメールをいただいたのは一昨年の春。「千葉さんの短歌には、靴を詠んだものがあり、特に印象に残っています」と書いてありました。服部さんが挙げてくださったのが、この歌です。
 私は公立の中学校や高校で国語を教えています。校内のあちこちには、生徒たちの忘れものが転がっています。なぜか靴が転がっていることもあります。面白いのは、どんな靴からも、その持ち主の個性が感じられること。たくさんの時間をともにする靴は、もう一つの自分なのですね。
 私が書いた「忘れ靴クラブ」という短編は、『靴のおはなし1』(ループ舎)に収録されました。このエッセイも、今回が最終回。ご愛読をいただき、どうもありがとうございました。またどこかでお会いできますように。みなさん、お元気で!

 
選歌・エッセイ 千葉 聡

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

○プロローグ
○第1回
○第2回
○第3回
○第4回
○第5回
○第6回
○第7回
○第8回
○第9回
○第10回
○第11回
○第12回
○第13回
○第14回
○第15回
○第16回
○第17回
○第18回
○第19回


その他の記事
カテゴリー
アーカイブ