特集
「靴のうた」 | 2018.07.05

靴のうた -第3回- 片足ケンケンの旅


 
靴にまつわる短歌と小さなエッセイをご紹介する、「靴のうた」。
今回は、ふだんのふとした光景です。どうぞお楽しみください。

 


 あわてて家を飛び出さなければならなかったり、思いがけないお客さんが来たり。いろんなことがあって、玄関はいつもにぎやか。私が外に出ようとすると、左の靴はあるのに、右の靴はないんです。見れば、ドアの付近に、裏返しになって落ちています。私は左の靴だけを履き、ぴょんぴょん跳びます。右の靴のところまで、片足ケンケン、数歩の旅。裏向きの靴は「早く迎えに来て」と泣いています。再会は、間もなく。

選歌・エッセイ 千葉 聡

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
○「靴のうた」プロローグ
○「靴のうた」第1回
○「靴のうた」第2回


その他の記事